木製花台通販| よくある質問

よくある質問

お客様からよくいただくご質問と、その回答を掲載しています。このページでお客様の疑問が解決できなかった場合、お手数ですが「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。速やかにご返事いたします。

花器を花台に置きたいのですが、水には強いのでしょうか?

木材ですから水による狂い、割れなどは起こり得る問題です。順風堂ではほとんどの花台に比較的耐水性のあるウレタン塗装を施してあります。ただし、ご使用条件によっては、干割れ(木目に沿って細かいヒビ割れが入るもの)が生じる場合もあります。

天然木と天然木突板の違いは何ですか?

天然木と表示されているものは、無垢の一枚板を使用しているものです。天然木突板と表示されているものは、木をスライスしたもの(突板)を他の基板に貼りつけたものです。どちらも天然物のため、同じ樹種でも木目、色、形、大きさがひとつひとつ微妙に異なります。

天然にこだわる理由は何ですか?

木の木目を写真に撮り、紙や他の基材に転写する技術があり、この技術は年々進歩して、本物と見分けがつかないものも増えています。この技術を使えば、同じ木目のものが安価に大量に生産できます。片や、天然木を使用したものは、扱いづらい上に大量生産ができません。ですが、木には1本1本違ったストーリーがあり、これを『木味』といいます。花台の大小を問わず、私たちはこの『木味』を大切にしたいのです。

贈答として贈ることはできますか?

商品をご贈答として直接相手様に贈りたい場合は、事前にご入金していただく必要がありますので、詳しくはお問い合わせください。お支払い方法などご連絡いたします。

ページのトップへ

花台、や香炉台、他社で掲載されているのを見ると、紫檀調とか、黒丹調、などと記載されているのを見かけます。調というのはどういうことですか?

 『調』という言葉を使用するのは二つのケースがあります。
 一つめのケースは塗装をその樹種の風合いに似せた物。例えば、順風堂の『巻き脚ナラ ケヤキ色』はナラの木を塗装によってケヤキの木の色合いにした物で、言ってみれば『ナラのケヤキ調』ということになります。二つめのケースは、実はこのケースがほとんどなのですが、表面に俗に『プリント紙』と呼ばれる紙を貼り付けた物を塗装し、黒檀調とか紫檀調と称して扱っている物です。ですからその名称の木を使用している訳ではありません。(詳しくは上記の『天然にこだわる理由は何ですか?』をご覧ください。)順風堂の花台はすべてプリント紙は使用しておりません。

現在地:トップページよくある質問